交流事業

交流事業

カンボジアでの活動

交流を通して、家族のように支えあえる関係を創りたい

私たちの活動は、お金を出すだけの一方通行の支援活動ではありまえせん。
「カンボジアって、どんなところだろう?」「日本人はどんな生活をしているの?」
お互いに知ることで、つながりが深まると信じて交流事業を行っています。

1901.jpg

カンボジアの子どもたち向けに、日本の「縁日」を開催

カンボジア・シェムリアップ市の孤児院にて、日本の歯科クリニックと美容クリニックのスタッフが「縁日」を開催しました。スーパーボールや輪投げ、お絵描きせんべい、駄菓子屋など、日本の子どもたちが楽しむ遊びを再現。カンボジアの子どもたちもとても楽しんでいました。

1902.jpg

一番人気の「お絵描きせんべい」で
“We love Japan(日本大好き)”の
嬉しいメッセージを書いてくれました。

1903.jpg

輪投げでお菓子をゲット!
なかなか輪がはまらない小さい子は、
上級生のお姉さんがお手つだいしていました。

1904.jpg

決められた金額分がもらえる駄菓子屋
コーナーで、お菓子の組み合わせに
悩む姿は日本の子どもと同じですね。

1905.jpg

縁日で遊んだあとは、みんなで大縄跳び
とバレーボールをして遊びました。

ボランティアを募集中です
2110.png

共生フォーラムでは、カンボジア日本友好技術教育センターで短期・長期で子供たちに手に職をつけるための指導をいただけるボランティアも募集しております。
日本のものづくりの技術と心を伝授いただける方、カンボジアの未来のために一緒に汗を流してみたいとお考えの方は、まずはお問合せください。

小中学校で、紙芝居による歯磨き指導

当院も設立に協力し、現在も運営支援を行っている「クヴィアン小学校」 「カンボジア日本友好共生クヴィアン中学校」を訪問。紙芝居で説明しつつ、参加した生徒さん全員と歯ブラシを使って歯磨き指導を行いました。
子供たちは、最初は恥ずかしがっていましたが、私たちが一緒にやろう!と歯磨きをして見せているうちに、だんだんとやってくれるようになりました。

1906.jpg

ひとりずつ、歯ブラシをプレゼント。
歯みがき習慣がない子どももいました。

1907.jpg

衛生士が、手作りの紙芝居で歯磨きの大切さを教えました。

1908.jpg

小さなお子さんも、お母さんと一緒に歯磨きを練習。

1908_2.jpg

日本のフラワーラジオで活躍するミュージシャンが音楽交流してきました

金銭支援をお考えの方へ

臨床検査技師の卵と、地元高校生との交流

臨床検査技師を養成する「東武医学技術専門学校」の生徒さんたちは、シェムリアップにあるアンコール共生病院でボランティア健診を行いました。受診の対象は、近くの高校に通う生徒たちです。
日本では当たり前に行われている健康診断ですが、カンボジアではまだまだ一般的ではありません。検査方法がわからず戸惑う人もいました。
学生たちはそうしたことからも日本とカンボジアの違いを知り、国際的な医療人になることの難しさを感じたようです。

1909.jpg
血圧測定器を腕に巻きます。
1910.jpg
こちらは尿検査中…
1911.jpg
病院の検査室を見学。

ボランティアを募集中です
2110.png

共生フォーラムでは、カンボジア日本友好技術教育センターで短期・長期で子供たちに手に職をつけるための指導をいただけるボランティアも募集しております。
日本のものづくりの技術と心を伝授いただける方、カンボジアの未来のために一緒に汗を流してみたいとお考えの方は、まずはお問合せください。

応募、支援、問合せ受付